補聴器の両耳装用について

人の聞き取る力は、両耳から音を届けることで最大限に発揮されます。バランスよく聞くことができる両耳装用なら、より本来の自然な聞こえが実現できます。

補聴器を片耳のみに装用した場合、付けた側と付けていない側とでは、聞こえの感度が異なります。したがって意識的に音のする方向へ顔を向けるなどの努力が必要です。

一方で両耳に補聴器を装用した際には、片耳だけでは聞き取りの難しい小さな音も、無理なく聞き取ることが出来ます。その結果耳が疲れにくくなります。

聴力にあった補聴器を両耳に装用いただくことで、脳が本来持つ「騒音を排除しながら言葉を聞く」という能力を活かすことができ、騒音のある環境での聞こえが大きく改善されます。

両耳装用のメリット