補聴器の種類と特徴

補聴器の種類と特徴

補聴器の種類

耳あな型

お客様の耳穴の形に合わせて作成するオーダーメイド補聴器です。
目立たず、また耳本来がもつ機能を活用できる補聴器です。耳介の中心で音を捉えるため、自然な聞こえが実現できます。

耳かけ型:RITE/ミニRITE

従来の耳あな型と耳かけ型のメリットを融合した補聴器です。レシーバ(スピーカー)を補聴器本体から分離させています。
耳の中の鼓膜に近い位置で音を伝えることができるため、より効率的に音を届けることができます。

耳かけ型/小型耳かけ型

補聴器本体にレシーバ(スピーカー)を組み込んだ補聴器です。イヤモールドといったオーダー耳栓をつけて使用します。
気になるハウリング(ピーピー音)がしにくく、さまざまな機能の設定が可能です。

耳あな型

耳あな型補聴器一覧

耳かけ型

耳かけ型補聴器一覧

その他の補聴器もございます。店舗にてご相談ください。